山陰江津大学とは

山陰江津大学とは

概 要  ・  参加方法  ・  キャンパス

あつまりかたりつくりだす

私たちの暮らすこのまちが、より楽しく、魅力的に
生まれ変わっていくための創造力は
「あつまり、かたる」場から生まれます。
「あつまり、かたる」場は、どの地域にも昔からあったもの。
大切なもの。

地域に暮らす人たちが、
各々の興味と好奇心を持ちより、語り合う場。
そこには、新しい「答え(価値)」が創り出される、
はじまりのきっかけがあります。

都会には無い創造力と想像力が生まれ、
地域をより魅力的に変えていく。
ただ学ぶだけではない、人と人とが生み出す「学びの体験」を。
山陰江津大学で創っていきます。

山陰の「創造力特区」へ。

島根県江津市。
「東京からいちばん遠い市」として教科書に載ったこともあるこのまちに、最近すこし変わったことが起きています。

たとえば、ニューヨーク帰りのデザイナーを中心に仲間が集い、家具・空間デザインを手がける工房が、駅の近くにできました。
たとえば、古民家の蔵と庭がリノベーションされ、カフェとベーカリー、2つが合体した気持ちのいい空間に生まれ変わりました。
たとえば、自然の性質にこだわって育てられ、東京の名店や高級スーパーがこぞって争奪戦を繰り広げる”ごぼう”が出荷されています。

創造力。
自らの創意工夫で新しいものごとを創り出す。
そんな動きが、江津で少しずつ勢いを増しています。